PR
PR

学生支援機構に利子付き返金命令 奨学金過払い訴訟で札幌高裁

[PR]

 奨学金の未返済分の半額しか支払い義務のない保証人に全額を請求したのは違法だとして、道内の保証人ら2人が日本学生支援機構(横浜)に過払い金と慰謝料の計約230万円の支払いを求めた訴訟の控訴審判決が19日、札幌高裁であった。大竹優子裁判長は、過払い金は不当利得に当たるとし、機構を利子付きで返金する義務がある「悪意の受益者」と認定。機構に過払い分の計約140万円の支払いを命じた一審札幌地裁判決を変更し、利子分を加えた金額の支払いを命じた。

 原告は小樽市の元高校教員の男性(76)と、札幌市の主婦(69)。利子分が加わることで、支払額は昨年5月の一審判決より計約80万円高い約220万円となった。慰謝料請求については同種の裁判例が乏しく、「機構が請求に法的根拠がないことを隠し、あえて全額請求したとまでは言えない」として退けた。

残り:363文字 全文:841文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒給付型奨学金、対象拡大へ提言 中間層の理系学生、未来創造会議
⇒低所得世帯の子に5万円 政府調整 10万円給付の対象も拡大
⇒進学費用、ハードルなお高く 若者の自立支援、国が18歳上限撤廃方針 生活費助成や相談体制課題に

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る