PR
PR

「イトーヨーカドー恵庭店」解体 開発の礎「寂しい」

 【恵庭】2019年に閉店したJR恵み野駅前の「イトーヨーカドー恵庭店」の建物の解体工事が本格化している。跡地には約300メートル離れた恵み野病院が新築移転し、25年夏に開業する予定。同店は1979年に開発が始まった恵み野地区の「発展の象徴」とされてきただけに、地域住民から「思い出が詰まった建物がなくなるのは寂しい」との声が上がっている。

 建物の解体工事は4月下旬に始まり、2階建ての建物の周囲は現在、フェンスで覆われている。

残り:592文字 全文:806文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る