PR
PR

タンチョウのひな、よちよち 釧路・丹頂鶴自然公園、19日営業再開

 釧路市丹頂鶴自然公園(鶴丘)で、国の特別天然記念物タンチョウのひな1羽がふ化した。同園でのひなの誕生は3年連続。

 抱卵してふ化させたのは、雄のコウタ(6歳)と雌のショウコ(年齢不明)のつがい。4月4日に別のつがいが産卵した卵で、今月9日に職員がひなを確認した。7日ごろにふ化したとみられる。

残り:220文字 全文:366文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る