PR
PR

ヘリ3機体制に 知床事故受け増強 「1時間出動圏外」解消目指す 海保長官

[PR]

 海上保安庁の奥島高弘長官は18日の定例会見で、オホーツク管内斜里町の知床半島沖での観光船沈没事故を受け、救助体制の拡充に向けて釧路などヘリ2機体制の航空基地について、3機に増やす方針を明らかにした。また、道東や道北など機動救難士が出動から1時間以内に到着できないエリアの解消を目指す考えも示した。

 海保によると、ヘリは修理や検査などで稼働できない日も多く、今回の事故時、釧路航空基地の1機は整備中だった。もう1機はパトロールから基地に戻って燃料を補給したため、救助要請から出動まで約2時間かかった。奥島氏は「国民の期待に応えられておらず、3機体制になるよう順次進めたい」と述べた。

残り:249文字 全文:649文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒海保が救助体制拡充へ ヘリや救難士、釧路航空基地の増強案 知床・観光船事故
⇒飽和潜水捜索19日から 観光船は週明けにも引き揚げ 知床・沈没事故
⇒運航管理補助者、船長のみ 知床遊覧船社長説明、規定違反鮮明に

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る