PR
PR

コロナ禍3年 悩める親の孤立防げ 十勝で子育て支援 オンライン拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目。長引くコロナ禍で産前産後や子育てに関する支援にも、オンラインを活用する動きが広がっている。子育てについて相談相手が少なく孤立し、悩む親が多い中、十勝の自治体や医療関係者は「コロナに限らず、相談の選択肢を広げたい」とし、オンラインなど効果的な支援のあり方を模索している。

 音更町保健センターの一室。同町健康推進課の保健師がタブレット端末を前に座った。画面越しに相談相手が映り会話が始まる。母子手帳アプリ「母子(ぼし)モ」のオンラインシステム機能を使った子育て相談だ。

残り:1353文字 全文:1606文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る