PR
PR

知床岬付近で衣類回収 潜水士、19日船内捜索

 【斜里】オホーツク管内斜里町の知床半島沖で小型観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」(19トン)が沈没した事故で、深海での潜水作業や船体引き揚げのための機材を積んだ作業船「海進」(2973トン)は18日夕、現場海域に向けて網走港を出発した。19日に船体が沈む深さ約120メートルの海底に潜水士を送り、船内で不明者の捜索を始める。

 第1管区海上保安本部(小樽)によると、海進は18日、潜水士を海底に送る水中エレベーターの動作確認を行い、午後4時ごろ、網走港を出発。19日朝に現場海域に到着し、午後1時から潜水士3人がエレベーターで約1時間半かけて海底に降り、船内を捜索する。作業は1日最大約5時間で、捜索は20日も行う。

残り:363文字 全文:779文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒海保が救助体制拡充へ ヘリや救難士、釧路航空基地増強案 知床・観光船事故
⇒飽和潜水捜索19日から 観光船は週明けにも引き揚げ 知床・沈没事故
⇒運航管理補助者、船長のみ 知床遊覧船社長説明、規定違反鮮明に

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る