PR
PR

倶知安で14棟分の別荘地造成へ 香港の不動産開発大手

 【倶知安】香港の不動産開発大手PCPDは、グループで所有・運営する後志管内倶知安町のニセコHANAZONOリゾート周辺の開発用地約70ヘクタールのうち、6・4ヘクタールに14棟分の別荘地を造成する方針を明らかにした。造成地は高級宿泊施設「パークハイアット」の西隣りで、周辺ではホテルの建設も進んでいる。別荘を含む一体的な開発により、リゾートのブランド価値を高める狙いがありそうだ。

残り:281文字 全文:620文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒ニセコ地域の求人急回復 リゾート施設、国内客増に対応 コロナ後の外国人客も視野
⇒温泉掘削許可最多14件 昨年度のひらふ地区 道の規制前に「駆け込み」
⇒倶知安町、リゾート規制強化 施行時期には不透明感も 新年度に独自の景観計画
⇒高級ホテルで観光人材育成 倶知安の外資系、札国際大と協定

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る