PR
PR

運航管理補助者、船長のみ 知床遊覧船社長説明、規定違反鮮明に

[PR]

 オホーツク管内斜里町の知床半島沖で観光船「カズワン」が沈没した事故の発生時、運航会社「知床遊覧船」の事務所にいる必要があった「運航管理補助者」は、カズワンの豊田徳幸船長だけだったと、桂田精一社長が国土交通省の特別監査で説明していたことが17日分かった。

残り:322文字 全文:580文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒知床遊覧船、偽りの「安全最優先」 改善報告書公表、ずさん管理浮き彫り
⇒国の昨年監査機能せず 運航会社提出の改善報告書公表 知床・観光船事故
⇒<社説>旅客船の安全策 人命最優先で再構築を
⇒全国400隻 航路に携帯圏外 国が通信点検 代替手段確保指導へ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る