PR
PR

ハナモモの傘が満開 知内町の八木さん宅

 【知内】町元町の八木義彦さん(77)宅の庭で、傘のような形の桃の木が満開の花を咲かせ、近隣住民らの目を楽しませている。

 木は中国原産で観賞用に改良されたハナモモとみられる。八木さんが50年ほど前に苗木を購入して育ててきた。枝が伸びて倒木するのを防ぐため、毎年丁寧に剪定(せんてい)していたところ、現在の形になったという。樹高は約2・5メートル、枝張り約2メートル。鮮やかな桃色の花が咲いている。

残り:98文字 全文:296文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る