PR
PR

コロナで自宅療養中に40代男性死亡 旭川 、基礎疾患の確認徹底へ

[PR]

 【旭川】旭川市で3月、新型コロナウイルスに感染した40代の男性が自宅療養中に亡くなっていたことが17日、分かった。男性は心臓疾患があったが、診察した病院から市保健所に情報が伝わっていなかった。市保健所は市内医療機関に対し、感染者の発生届に基礎疾患についての記載を徹底するよう求めた。

 市保健所によると、男性は3月中旬、市内の病院で新型コロナ検査と診察を受け、陽性が判明。この病院は基礎疾患を把握したが、感染者の発症日やワクチン接種状況などを市保健所に連絡する発生届に記載していなかった。市保健所は健康観察のため、発生届の受理日と翌日に男性と同居家族に電話連絡を複数回試みたがつながらなかった。翌々日に同居家族と連絡が取れ、男性の様子を確認してもらったところ心肺停止状態で、死亡が確認された。

残り:90文字 全文:529文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒北海道内1904人感染、11日ぶり2千人以下 5人死亡 新型コロナ
⇒療養判定 感染者9割利用 札幌市、サイト開設半月 入院、数日前倒し
⇒横田教授の「コロナ」チェック記事一覧

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る