PR
PR

「寒フレ通過のウインドシフト」「シア発生かもしれない」 知床の自然は数値化できていない<菅井貴子 あした天気にな~れ>

当日の天気図 (C)気象庁
当日の天気図 (C)気象庁

 自宅でゆっくりと過ごしていた4月23日土曜日の午後。

「知床で観光船が遭難したようです」

 UHB報道部の気象予報士から連絡が入りました。

 驚いたのは、遭難の事実だけではありません。当日の気圧配置がすぐに頭に浮かびました。

 おそらく報道部は、急な取材体制で混乱状態でしょう。私は少ない言葉で聞きました。

「寒冷前線が通過した直後に、小型の観光船が出航…?」
「寒フレ通過のウインドシフト?」

 フレは前線。ウインドシフトとは寒冷前線が通過した後に、風向きが急変し、突風が吹くことです。

 すぐ、こんな返事がありました。

「知床先端部の地形で、シア発生かもしれません」

 シアとは、風が集まること。行き場を失った風は、上昇気流となり、積乱雲を発生させます。その雲の下では、強風、高波、雷雨、ひょう、気温低下などの現象が発生しやすくなるのです。

■8月でもダウンが欲しいほど

 数年前の夏、知床観光船に乗ったことがあります。いったん海に出ると風をダイレクトに受け、風速は陸地の1・5倍以上、風圧は、陸地の3~4倍になります。風は船や波と一体となり、時に大きく揺れますし、体感温度は出航時より格段に低く、8月なのにダウンが欲しいほどの寒さでした。

知床半島の西側海域を捜索する船舶=4月28日午前9時30分(本社ヘリから、村本典之撮影)
知床半島の西側海域を捜索する船舶=4月28日午前9時30分(本社ヘリから、村本典之撮影)

 その時、下船してから気象庁が観測しているウトロのデータをチェックしました。


【関連記事】
週刊コラムトップ
「あした天気にな~れ バックナンバー」
大雪と台風並の風 去年のGW覚えていますか? さて今年はどうでしょう?
ウクライナの気象観測データが入電されなくなりました 気象技術は世界平和の象徴なのです
トンガ海底火山噴火の影響が出るのは数年後!? 1993年の冷夏を覚えていますか
ノーベル賞・真鍋氏の研究を生かすのは私たち!? 暑くなる北海道とグリーンリカバリー
「生活を貴族にする」5月の散策を楽しんでみてください

残り:573文字 全文:1345文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る