PR
PR

核兵器の脅威訴えるパネル展 道議会庁舎で始まる

 核兵器廃絶を訴える「核の脅威パネル展」が16日、札幌市中央区の道議会1階道民ホールで始まった。広島、長崎の原爆投下直後の惨状を伝える写真や、核戦争の危機が今も存在することを表現したポスターなど約30点が並ぶ。

 道議会主催で、同ホールで年に5回開く企画展示の一環。展示品は道被爆者協会(札幌)が貸し出した。

残り:248文字 全文:401文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る