PR
PR

移住希望者に人気、函館市電沿線 面白キャッチフレーズで紹介

 【函館】函館市地域交流センターが設置する移住相談窓口「移住サポートセンター」は道教大函館校の学生と連携し、函館市内の市電沿線の“はこだて暮らし”を紹介する。大学生が移住者目線で電停周辺の徒歩10分圏を巡り、住環境や特徴などを写真やキャッチフレーズで紹介する予定で今後、同窓口のインスタグラム(アカウントは@hakodatekurashi)で発信する。

■市の相談窓口、函教大生と連携 SNSで写真や動画発信

 移住定住支援を進める同窓口は、函館での暮らしを考え始めた人に、観光情報ではなく、具体的な生活情報を届けようと企画した。自家用車を持たない移住希望者の関心が高い市電沿線の実態を、同大で街づくりのアプローチを学ぶ専攻科目「地域づくり支援論」を受講する学生14人に依頼した。

残り:524文字 全文:862文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る