PR
PR

バス転換の「山線」課題山積 JR長万部-小樽間、新幹線延伸で廃止

 2030年度末予定の北海道新幹線札幌延伸に伴い経営分離される並行在来線のJR函館線長万部―小樽間(通称「山線」)は、沿線9市町と道による3月の協議会会合で廃止、バス転換が決まった。今後の論点は、沿線住民の交通の利便性確保、路線や便数を巡るバス事業者との交渉、地元自治体の財政負担のあり方などに移る。地域が直面する課題を検証する。

■見えぬ運行ルート 通院や通学、利便性に不安

 「今も不便だけど、バス転換されたらどうなるのかしら」。4月上旬の平日、午前6時すぎにJR黒松内駅で小樽行きの始発列車を待っていた黒松内町の主婦(75)は、不安そうな表情を見せた。

 この日は年1回ほど受ける病院の検査で札幌に向かうという。小樽で乗り継ぎ札幌駅に着くのは、最短でも約3時間半後の午前10時すぎ。地下鉄で病院に行き、検査後、黒松内に戻る日帰りでの往復だ。「バスになれば札幌までどれだけ時間がかかるのか。冬は雪の影響を受けないのか」。疑問や心配は尽きない。

 蘭越町在住の倶知安高3年、伊山拳生(けんせい)さん(17)は午前7時すぎの蘭越駅発の列車で通学している。倶知安駅まで36分、そこから十数分歩いて計50分ほどで学校に着く。バス転換は卒業後となるが、後輩たちへの影響が気がかりだ。「通いやすいようにバスの本数を増やしてほしいし、料金も早く決めてほしい」

 2人のような沿線住民の通院、通学はバス転換でどう変わるのか。道は昨年11月、沿線9市町との協議会会合で、バス転換した場合の運行たたき台を示した。

 それによると、黒松内町から札幌方面に向かう場合、JRは小樽まで直行できるのに対し、バスはニセコ町か倶知安町で乗り継ぎが必要になる。小樽までや、その後JRに乗り換えて札幌に着くまでの所要時間は示されていない。一方、蘭越町から倶知安高までは1本のバスでつなぐ新ルート案が提示され、所要時間は現行のJR利用後、徒歩で登校するケースよりも4分ほど短い47分程度とした。

 もっとも、バスの運行ルートや便数などの具体化は…

 小樽・後志面で4月下旬に連載した「検証 『山線』バス転換決定」(5回)を再構成しました。記事一覧はこちらから。

 

残り:2533文字 全文:3534文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒議論10年廃線ありき 長万部―小樽 巨額維持費 自治体に重く
⇒「山線」廃止決定、沿線住民らから惜しむ声「文化的価値高い」
⇒並行在来線廃止、地域交通のあり方は 専門家2人に聞く

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る