PR
PR

南太平洋で実習、マグロ抱え笑顔 厚岸翔洋高生が釧路帰港

 【釧路】厚岸翔洋高(厚岸町)の海洋資源科生産コース3年生10人を乗せた道教委の実習船「若竹丸」(大須賀孝一船長、692トン)が14日、南太平洋での約1カ月間の乗船実習を終えて釧路港に帰港した。

残り:247文字 全文:344文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る