PR
PR

<沖縄はいま 本土復帰50年>4 埋まらぬ「格差」 統治下の貧困、子に連鎖

 平均的所得の半分に満たない家庭で暮らす「子どもの貧困率」は29・9%で全国の約2倍。子ども3人に1人が貧困状態にある―。

 沖縄県が2016年に公表した貧困実態調査。携わった沖縄大(那覇市)教授の山野良一さん(62)は結果に衝撃を受けた。どうして、こんなにひどいのか。

■高度成長逃す

 山野さんは神奈川県内の児童相談所で長年児童福祉司を務め、16年から名寄市立大で教壇に立った。旭川市や沖縄など道内外の貧困調査に関わる中で知った衝撃の数字。「何とかしなければ」と頭から離れず18年、名寄から沖縄に移った。

残り:1576文字 全文:1929文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
<沖縄はいま 本土復帰50年>
⇒1 フェンスの向こう 守る国
⇒2 拡大する不条理 地位協定、日常むしばむ
⇒3 またも響く軍靴 有事見据え自衛隊集結
⇒5 あおられる分断 基地問題抗議で「非国民」

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る