PR
PR

安保、野党も発信強化 立憲、情報戦に対応/共産、有事に自衛隊 侵攻長期化、参院選見据え

 ロシアのウクライナ侵攻が長期化する中で、野党も安全保障政策に関する発信を強めている。立憲民主党は参院選の重点政策でサイバーなど新分野への対応を掲げ、共産党も有事での自衛隊活用を主張。これまで両党は政権の安保政策批判に重点を置いてきたが、国際情勢への社会不安が強まり「党の安保政策に支持を得られなければ、参院選で勝負できない」(立憲議員)との危機感がある。

残り:653文字 全文:831文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る