PR
PR

みずほ銀行が函館撤退へ 道南経済の衰退懸念 出店135年「情報量頼りだった」

 みずほフィナンシャルグループ(FG)が来春にも、傘下のみずほ銀行函館支店(函館市若松町)を札幌支店(札幌市中央区)に統合する方針を固めたことが明らかになった。道南唯一のメガバンクの営業拠点で、函館に出店して135年。老舗企業などを下支えしてきた銀行の突然の撤退の知らせに、地元経済の衰退を懸念する声が上がった。

 みずほ銀行の前身の一つで、後の富士銀行となる第三国立銀行は、1887年(明治20年)に函館に出店。その41年後の1928年(昭和3年)に札幌に出店しており、函館支店が道内進出の起点となった。同じく前身の一つ、第一勧業銀行も、かつては函館市内に支店を構えていた。

残り:450文字 全文:883文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒札幌のイシヤカフェ6日閉店 跡地に新たな業種3店、6月開業
⇒消える店名「ホーマック」 DCMに統一へ
⇒旭川「マルカツ」閉店へ 時期未定、老朽化で解体
⇒食品スーパー、札幌に相次ぎ中・小型店出店 生き残りへ
⇒ニトリ新室蘭店、複合型に 道内初
⇒函館カール・レイモンを合併 日ハム子会社

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る