PR
PR

自転車事故の怖さ スタントマンが実演 江差中で安全教室

 【江差】江差中でプロのスタントマンによる事故の再現を交えた自転車交通安全教室が行われた。生徒約100人がグラウンド上で実演される事故場面を間近に見て、安全への意識を新たにしていた。

 江差署とJA共済連北海道の主催で9日に行われた。スタントマンが自転車運転で危険な「スマートフォンを操作しながらの右側走行」「2人乗り」などを見せ、自転車同士の衝突や、自転車が乗用車にはねられたり横断歩道のベビーカーに突っ込んだりするシーンを再現。トラックの死角や内輪差の解説もあった。

残り:186文字 全文:420文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る