PR
PR

<かみかわ建物紀行>(4)八幡丘会館=富良野市 純と蛍が通った“学校”

 富良野市街地南東の丘陵部に牧場や牧草地などが広がる八幡丘地区。周囲の風景に溶け込んでいる建物は、1931年(昭和6年)に建てられた八幡丘尋常小の校舎で、現在は八幡丘会館として地域住民に愛されている。

 前身は14年(大正3年)に開校した私立八幡丘簡易教育所。17年(大正6年)年に八幡丘尋常小と改称後、この校舎が建築された。戦時中の国民学校を経て、47年に富良野町立八幡丘小となった。地域の学びやとして親しまれてきたが、73年に児童数の減少により、富良野市立東小に統合され、閉校した。八幡丘会館に残る年表によると、この年の在校生は9人だった。

残り:510文字 全文:781文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る