PR
PR

国後島西岸に女性遺体 沈没観光船の不明乗客か

 【斜里】オホーツク管内斜里町の知床半島沖で14人が死亡、12人が行方不明となった観光船「カズワン」の沈没事故で、第1管区海上保安本部(小樽)は13日、北方領土国後島西岸で女性の遺体が見つかったと発表した。乗客の可能性があるとみて情報収集を進めている。

 1管本部によると、女性の遺体はロシア側が6日に見つけ、10日に連絡があったという。身元の特定につながる所持品はなく、遺体は同島の古釜布(ユジノクリーリスク)の病院に運ばれた。

残り:635文字 全文:958文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒不明者の捜索阻む海流・水深 国後まで流された可能性も 知床の観光船事故
⇒ロシア、観光船捜索の協力継続 北方領土付近
⇒社長が初の会見 「判断間違った」謝罪 知床・観光船遭難
⇒#北方領土考―追う 探る つなぐ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る