PR
PR

足寄にアウトドア体験店舗 UPI、6月道内初進出

 【足寄】海外のアウトドア用品ブランドを手掛けるアンプラージュインターナショナル(UPI、大阪)は6月1日、十勝管内足寄町の阿寒摩周国立公園の湖オンネトーのほとりに、アウトドア体験型ストア「UPIオンネトー」を開設する。ストアは東京・表参道、鎌倉、京都に続き4カ所目で道内初進出。アウトドアブームの中、手つかずの大自然を楽しめるアクティビティの拠点を目指す。

 同日オープンするオンネトー野営場休憩舎内に入り、UPIが施設全体も運営する。休憩舎は足寄観光の活性化を目的に町が建設し、業務委託先のあしょろ観光協会が施設管理事業者としてUPIを選んだ。

残り:490文字 全文:843文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒レストランだった鉄道車両、カフェとして復活も 小樽
⇒仲洞爺キャンプ場オープン 一部でカヌー利用可能
⇒<北海道アウトドア情報サイト>あさってキャンプ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る