PR
PR

「生鮮市場」が宅配サービス参入 ウォルトなどに配送委託

[PR]

 JR北海道の小売り事業子会社、JR北海道フレッシュキヨスク(札幌)が、札幌を中心に展開する食品スーパー「ジェイ・アール生鮮市場」で宅配サービスに参入する。注文受け付けや商品配達を「ウォルト」など外部事業者に委託し、店舗当たり1日10件程度の注文を見込む。新型コロナウイルス禍で伸びた巣ごもり需要が一服する中、宅配で新規顧客を取り込む。

 第1弾として北45条店(札幌市東区)で16日にサービスを開始し、青果や精肉、弁当など約3千品目を取り扱う。注文はウォルトのスマートフォン用アプリなどで午前10時~午後6時半に受け付け、JR桑園、苗穂駅周辺を含む同店の周囲7キロ圏内の住宅などに30分程度で届ける。購入代金に加えて配達距離などに応じた配送料が別途必要だ。

残り:227文字 全文:659文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒冷凍食品「巣ごもり」で好調 道内スーパー、売り場拡大や倉庫新設
<いんたびゅー>札幌進出2年、次の展開は ウォルトジャパン代表・野地春菜さん
ウォルト、日ハムとスポンサー契約 チームの公式グッズ配達

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る