PR
PR

【道スポ】コンサ中村 14日鹿島戦でスタメン奪取だ

 北海道コンサドーレ札幌のDF中村桐耶(21)が、J1デビューした7日の京都戦を振り返った。一段ステージが上がり、戦力としてチームに貢献すべく、一層士気を高めている。14日のアウェー鹿島戦でも、メンバー入りを目指していく。

 中村は京都戦の後半40分からピッチに立った。プロ4年目で待望のJ1デビューを「うれしいのもあるけど、ホッとした」と振り返った。

 札幌U―18からトップ昇格を果たすも、DF福森ら主力の分厚い壁を越えられず、ホンダFCへの武者修行も経験した。JFLでプレーする中、プロ意識を高めてカムバック。武器である思い切りの良い攻撃参加には、ペトロビッチ監督も大きく期待を寄せている。

 「去年まではなかなかメンバーには入れず、ほぼカップ戦要員だった。今年は自信もついて、着々とアピールできている。リーグ戦デビューにつながったのは一つの大きな成果」と胸を張った。

 14日は鹿島の本拠地に乗り込む。首位チームとの真剣勝負だが「チャンスがないとは思っていない。練習から準備して頭を整理していきたい」と気合を入れた。この日のゲームでも果敢にゴール前に顔を出すなど、ハードワークで猛アピール。「単発で終わりたくない。継続して出続けて、スタメン奪取を目標に掲げている」。ようやくスタートラインに立った道産子が、チーム力を底上げしていく。(石栗賢)<道新スポーツ5月12日掲載>

【関連記事】
⇒道新スポーツのサイトがオープンしました

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る