PR
PR

総面積3ヘクタール、自由通路も 長万部町、駅前再開発で基本計画 新幹線延伸

 【長万部】2030年度末に予定される北海道新幹線の札幌延伸に合わせて開業予定の新駅周辺の土地区画整理事業について、町は対象区域や総面積など基本計画の概要をまとめた。13、14の両日、町民説明会を開き、駅前再開発のイメージ図と町中心部の東西を結ぶ自由通路の動画を公開する。町民にまちづくりへの関心を高めてもらいたい考えだ。

 駅前再開発に向けた土地区画整理事業は、町が都市計画マスタープランに基づき検討を進めてきた。施行区域の公表は初めて。町によると、駅前通から役場通までの南北約320メートル、東西は本町通を中心に各1ブロックで総面積は約3ヘクタール。本町通の拡幅を予定し、建物移転などの対象は70棟程度を見込む。

残り:499文字 全文:806文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る