PR
PR

美幌の魅力、若い感性で取材 道内外の8人発表 イノウキャンプ

 【美幌】全国の高校生、大学生を美幌町に招き、町の可能性や未発見の「宝物」を若い感性で紹介する初のイベント「inou(イノウ)キャンプ」が3~5日の3日間、町内一帯で行われた。道内や群馬県、大阪府、兵庫県などから8人が参加し、独創的な発表を行った。

 大学の総合型選抜入試を専門とした京都市の塾「AOI」の主催。「inou」とは江戸時代、地図作成に奔走した伊能忠敬にちなんでおり、若い視点でまちづくりの地図を作ってほしいとの意図を込めた。イベント受け入れ元として、美幌で教育事業を手がける合同会社「ALOP」代表の花田翔二郎さん(36)が手を挙げ、美幌で開催されることとなった。

残り:511文字 全文:799文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る