速報
PR
PR

<苫小牧 目指せ!おもてなしの達人 野口観光ホテルプロ学院>中 面白み知り現場に出る

 4月上旬、苫小牧市の職業訓練校「野口観光ホテルプロフェッショナル学院」で開かれた入校式。「観光業のやりがいを、現場に出る前に知ってほしい」。学院長で野口観光社長の野口秀夫さん(74)は入校生39人に呼び掛けた。

 観光業で働き始めても、短期間で辞めてしまう若者は多い。北海道労働局のまとめによると、2018年春に高校や大学を卒業し、道内の宿泊業・飲食サービス業に就職した人の半数以上が3年以内に離職した。野口さんは「私どもの会社だけでなく観光業界にとってマイナス」と捉える。

残り:830文字 全文:1130文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
<苫小牧 目指せ!おもてなしの達人 野口観光ホテルプロ学院>
⇒上 調理や接客マナー磨く
⇒下 卒業生に信頼「即戦力」

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る