PR
PR

全国高校アイスホッケーの選手 大会前にPCR検査 8月、実行委が方針

[PR]

 【苫小牧】苫小牧市や苫小牧アイスホッケー連盟でつくる全国高校選抜アイスホッケー大会の実行委員会は10日、今年の大会を8月3~7日に同市内で開催すると決めた。昨年の大会で新型コロナウイルスの大規模クラスター(感染者集団)が発生したことを踏まえ、選手らに事前のPCR検査を課すなど新たな感染対策の基本方針をまとめた。

 基本方針は10日の実行委会議で決定した。参加チームの選手と関係者は大会5日前にPCR検査を、大会中も抗原検査を毎日受けることとした。陽性者が出たチームは出場を認めない。各チームには大会前からスマートフォンのアプリで健康状態の報告を求め、感染対策の担当者を1人置くことも定めた。

残り:131文字 全文:427文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る