PR
PR

光ファイバー7月末までに全道網羅 オンライン学習など拡充期待

 インターネットの高速大容量通信を可能にする光ファイバー網の道内全179市町村への整備が、7月末までに完了する見通しとなった。新型コロナウイルス禍を受け、過疎地域などのネットの接続環境を整えるため国が2020年度から補助事業を拡充しており、希望した全市町村の整備のめどが立った。市町村はオンライン学習や、休暇と仕事を兼ねて滞在する「ワーケーション」などへの拡大に期待している。

 道内の光ファイバー整備は民間企業の主導で市街地を中心に広がり、昨年3月末の整備率は98・6%。ただ、利用者が少ない地域に遅れが生じており、格差が課題となっていた。

残り:591文字 全文:961文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒「無印良品の家」でワーケーションを 上士幌に完成、宿泊受け入れ
⇒ニセコでワーケーション推進へIT講座 官民連携組織が8月初開催
⇒デジタル人材、330万人確保へ 政府の田園都市構想方針原案

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る