PR
PR

最大で北東60キロ流された可能性 知床・観光船事故 水難学会計算

 オホーツク管内斜里町の知床半島沖で小型観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で、一般社団法人「水難学会」(新潟)は9日、事故発生以降に現場付近から、遺留品や行方不明者が最大で知床岬沖北東60キロまで流されている可能性があるとの予測を発表した。現場の潮流や風を考慮し、遺留品などが漂流する状況をまとめたもので、同学会は今後、捜索を行っている各機関に情報を提供する予定。

 事故が起きた4月23日から5月7日までの半島付近の海上風や潮の満ち引きのデータを基に、水深5メートルまでの浅い部分の水の流れを計算。カズワンが沈没した半島西側から、遺留品などがどう広がるかを予測した。その結果、事故発生以降は知床岬から北東方向に漂流し、5月7日までに最大で北東方向に60キロ、北方領土国後島北部の西側海域に達するとした。

残り:374文字 全文:834文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒飽和潜水作業船、10日に出航 有識者検討委、週内に初会合
⇒専門業者の海中調査開始 知床・観光船事故 無人機で船内撮影
⇒機動救難士、道東と道北は「1時間圏外」 道内拠点函館のみ 拡充求める声も

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る