PR
PR

太陽光、風力発電で初の出力制御 北電ネット 需給バランス崩れ

[PR]

 北海道電力ネットワークは、再生可能エネルギーの太陽光、風力の一部発電事業者に対し、一時的に発電停止を求める出力制御を8日、道内で初めて実施した。好天による暖房需要減などで電力供給が過剰になり、大規模停電に発展する恐れがあったため。

 同社によると、同日午後0時半から1時までの間に余剰電力が最大となった。供給力が299万キロワット(うち再エネは157万キロワット)だった一方、道内の電力需要は262万キロワットにとどまった。

残り:496文字 全文:821文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒檜山沖で135万キロワット風力 東電子会社計画、5月中旬から海底調査
⇒道内電力10年ぶり移出超過 21年度 北本連系 再エネ浸透で余剰 さらに拡大の余地
⇒北電、バイオマス発電に出資 シンガポール企業設立の合同会社

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る