PR
PR

北海道3115人感染 10日ぶり3千人を上回る 新型コロナ

 道などは8日、道内で新型コロナウイルスに感染した2人が死亡し、新たに3115人が感染したと発表した。日別の新規感染者が3千人を超えるのは4月28日以来10日ぶりで、前週の同じ曜日の感染者数を9日ぶりに上回った。

 死亡したのは道発表の90代2人。発表者別の感染者は札幌市が1394人、道が1229人、旭川市が209人、函館市が204人、小樽市が79人。函館市では日別の感染者が3カ月ぶりに200人を超えた。道内の死者は計2003人、感染者は延べ30万9756人となった。

 新たなクラスター(感染者集団)の発表は10件。札幌市内では有料老人ホームと医療機関、グループホームの計3カ所で各5人、サービス付き高齢者向け住宅で12人が感染。このほか、旭川市内の住宅型有料老人ホーム2カ所で9人と7人、石狩管内の医療機関で12人、後志管内余市町の医療機関で14人、室蘭市内の医療機関2カ所で各6人の感染が確認された。(小宮実秋)

【関連記事】
⇒京大、オミクロン級「数年おき」 出現頻度を試算、ワクチン課題に
⇒規制なしGW、各地で人出大幅増 小樽エリアは前年同期比23・8%増

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る