PR
PR

コンサドーレ高嶺、頭で殊勲の一撃(7日)

 同点で折り返した札幌が、局面を打開したのは後半7分。福森の鋭いCKに対して、ニアに高嶺が絶好のタイミングで飛び込む。お手本通り、相手GKの足元にたたきつけるヘディングシュートで今季初得点を挙げた。

 試合後、高嶺は「ボールが良かった。(頭に)当たったら入ったという感じ」と控えめに話したが、この日は中盤の要のボランチとして攻守で活躍。守備では献身的に走って相手に仕事をさせず、攻撃では前線へのロングパスを積極的に仕掛けた。「ラストパスや前線への攻撃参加などで、自分の成長を感じた」と手応えを話していた。

残り:219文字 全文:470文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る