PR
PR

「ドライブ・マイ・カー」ロケ地の赤平にも光 アカデミー賞国際長編賞、新たな観光資源に期待

 【赤平】赤平市内でロケが行われた映画「ドライブ・マイ・カー」が、米アカデミー賞で国際長編映画賞に輝いた。空知管内は「幸福の黄色いハンカチ」(1977年、夕張市)など、名画の舞台となってきた歴史を持つ。炭鉱閉山後の人口減少が続く中、これまで有名な映画のロケ地になることのなかった赤平市の関係者は、「ドライブ―」のロケ地を新たな観光資源にした地域活性化を期待している。

■名画舞台の空知

 ロケ中、撮影スタッフにトンカツラーメンを振る舞った食堂「珍来」(同市大町)。店のカウンターには受賞を祝う張り紙や新聞記事が並ぶ。主人公の舞台演出家を演じた俳優西島秀俊さんのサインも飾られている。

残り:1012文字 全文:1421文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒ロケ地赤平、活性化期待 「ドライブ・マイ・カー」受賞効果 市がチラシ作製、問い合わせ続々
⇒「ドライブ―」ロケ地の空知、喜び駆ける 米アカデミー国際長編賞 「誇りだ」
⇒濱口監督「映画に公的支援を」 文化庁訪問、文化政策の充実訴え

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る