PR
PR

<シリーズ評論・ウクライナ侵攻⑯>経済制裁、省エネが最も有効 化石燃料の脱ロシアは再エネと両輪で 都留文科大教授 高橋洋氏

都留文科大教授 高橋洋氏(富田茂樹撮影)
都留文科大教授 高橋洋氏(富田茂樹撮影)


 <たかはし・ひろし>1969年、兵庫県生まれ。東大法学部卒業後、ソニー、富士通総研などを経て2015年から現職。菅義偉政権時に立ち上げた内閣府再生可能エネルギー規制総点検タスクフォース委員を務める。著書に「エネルギー転換の国際政治経済学」(日本評論社)など。専門はエネルギー政策。52歳。

◇ ◆ ◇


■依存度高いドイツ 対応苦慮

 ロシアは世界最大級の化石燃料輸出国だ。日本や欧州のエネルギー安全保障はロシアの動向によって影響を受けざるを得ない。特にドイツは天然ガスの6割をロシアに依存しており、これまでパイプラインで輸入していたものを他国から液化天然ガス(LNG)として輸入するために国内にLNG貯蔵基地の建設を進めるなど対応に苦慮している。

 日本はどうか。ロシアとの関係では天然ガス輸入の8・3%、原油輸入の4・8%、石炭輸入の9・9%を依存している(2019年度)。ただ、欧州と比べれば依存度は低い。しかもロシアが日本への天然ガスを止めるという話は今のところない。ロシアの輸出総額の半分がエネルギーであり、日本は優良顧客だからだ。戦争を続けるためにも、エネルギーの輸出は止められない。ウクライナ危機というショッキングな出来事が起きて、エネルギーが逼迫(ひっぱく)するという声が出ているが、天然ガスや原油などの化石燃料の絶対量が、今すぐ不足する状況ではない。

 一方で世界の原油価格が高騰し、ロシアは欧州の一部の国に天然ガスについてルーブルによる支払いなどを要求した。これらの影響をうけて石炭価格も上昇している。日本の電源(発電所)のうちおおむね3割が石炭火力、4割が天然ガス火力で構成されている。これらの燃料費が上がっている以上は電力価格が当面は下がる要因は見当たらないのも事実だ。

 ウクライナ危機で分かったのは、エネルギー供給を化石燃料に依存している限りは同じことを繰り返すということだ。

残り:1961文字 全文:3107文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
シリーズ評論・ウクライナ侵攻 バックナンバー
プーチン氏、真の狙いは「欧州安保再編」 畔蒜泰助氏
日本の防衛資源配分 悩ましい優先順位 兵頭慎治氏
石油・ガス「脱ロシア」の衝撃 田畑伸一郎氏
NATO・西側諸国の足元を見たロシア 鶴岡路人氏
対ロ姿勢転換、距離置く中国 興梠一郎氏
核リスク上昇、危うきシナリオ 戸崎洋史氏
経済制裁 ロシアに打撃 木内登英氏
弱る米国、描けぬ戦後秩序 中山俊宏氏
前例なき国家間「140字の戦争」 武田徹氏
国際規範崩す「19世紀型戦争」 細谷雄一氏
自らの手を縛る軍事作戦 小泉悠氏
避難民、一生引き受ける覚悟を 石川えり氏
「スラブ民族統合」へ軍事介入 藤森信吉氏
対ロ世論に「3つのバイアス」 宇山智彦氏
漁業交渉、日ロつなぐ「強い糸」 浜田武士氏

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る