PR
PR

IT3社、パスワードなし認証へ 指紋や顔、システム開発で連携

 【ニューヨーク共同】アップル、グーグル、マイクロソフトの米IT大手3社は5日、パスワードを使わない認証システムの開発で連携強化に取り組むと発表した。パソコンなどを利用する際に、指紋や顔、暗証番号を登録したスマートフォンと連携しパスワードを使わないようにすることで、個人情報の流出を防ぎ利用者の安全性を高める。

 認証システムを使えば、新たに使う別の端末でもパスワードを設定せずにロックを解除できるようにする。3社のプラットフォームをまたいで仕組みを共有することで利便性を高める。2023年中に提供する計画だ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒道庁や企業で広がるPPAP廃止 添付ファイルとパスワード別送は効果薄
⇒スマホOS寡占、政府懸念 2社がルール、強い影響力
⇒米巨大IT5社、業績に明暗 1~3月期、アマゾン赤字転落

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る