PR
PR

ジンギスカン鍋クッキー、空港土産に 10日から新千歳で販売 室蘭のナニナニ製菓

 室蘭市の菓子店ナニナニ製菓は10日から新千歳空港で、室蘭工業大と共同開発した「ジンギスカン鍋クッキー」の販売を始める。これまで市内限定で販売していたが、市外から土産品として購入を求める声が相次いだため、クッキーが割れにくいパッケージにして拡大販売に乗り出す。

 ジンギスカン鍋クッキーは2017年に、同店と同大ものづくり基盤センターの清水一道教授が共同で開発。北海道の形をしたジンギスカン鍋型が特徴で、鍋型のクッキーの上に、タマネギやラム肉を模したクッキーが乗っている。パッケージやケースは、販売店側からの要望を受けクッキーが割れにくいものに刷新。ケースは、本物のジンギスカン鍋の型を製造した道内の製器会社がつくった。

 新千歳空港の2階の出発ロビーにある北海道本舗総合土産店で税込み1680円で販売する。ナニナニ製菓の庭山貴行店主は「鉄のマチ室蘭や室工大を知ってもらう機会にしたい」、清水教授は「道内を訪れた観光客が室蘭の街に興味を持ってもらうきっかけになれば」と期待を込めている。(高木乃梨子)

【関連記事】
⇒ジンギスカン包装、高校生がデザイン 苫小牧の食品会社が苫総合経済高に依頼
⇒白老ジンギスカン、町の味に 建設会社が精肉店開業
⇒ヤマト、航空貨物に参入 新千歳―羽田・成田間を専用機で
⇒新千歳出入国者 2カ月連続ゼロ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る