PR
PR

<藤山博史のぶっちゃけ話>地方で働くという選択肢

[PR]

 地方か都市部か。新型コロナの流行により、密を避け地方での就職を希望する方が増えたと感じます。今回は地方で働くことについて考えてみました。

 私の生まれは東京。以後、愛知、滋賀、福岡、大阪と全国各地で過ごし、30歳のときに北海道移住を決めました。地方の特徴として、人と人のつながりの強さがあります。生活面でも仕事面でもその地方に根付いているギブ・アンド・テイクの精神があり、良い意味で非合理的な人間くささがあることを実感しています。

 もしあなたが周囲と深く関わるなど「人のつながり」に重きを置くなら、地方で働く選択は適合する可能性が高いでしょう。成長して、出世して、たくさん稼ぎたいという価値観なら、スキルアップやビジネスチャンスが見込める都市部の方が向いているかもしれません。ただ、オンラインが一般化した昨今は地方であっても、さまざまなカタチで成長の機会が容易に得られるようになりました。

 働く場所で迷った場合、来年の自分を想像してみてください。私の場合は、満員電車に乗りたくない、身近な人の役に立ちたい、そんなイメージがいま所属する組織で実現できると感じたので、移住を決断しました。都市部に比べ地方は収入の面で不安がありました。でも実際に生活してみると支出額が都市部より抑えられ、意外に難なく暮らせています。(ちなみに北海道に移住してからの私の主観的な「幸せ度数」は期待以上に高い!)

 どこで暮らし、どこで働くか、その問いの答えを持っているのは自分自身です。自分の心に向き合い、考え続けてみる。その結果、いつか地方で暮らしたいとなったのであれば、地方で働くことを視野に入れてみてはいかがでしょうか。(北海道博報堂新どさんこ研究所)

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る