PR
PR

【道スポ】オシム氏訃報 ミシャ「私にとって師匠であり先生」 28年来の盟友「日本を愛していた」

 サッカー元日本代表監督のイビチャ・オシムさんが1日に死去したことを受けて、北海道コンサドーレ札幌のミハイロ・ペトロビッチ監督(64)が報道陣に対応した。オーストリアでの指導者時代、シュトルム・グラーツのオシム監督の下でアシスタントコーチを務めるなど、28年の間柄。悲痛な胸の内を明かすとともに、恩師との濃密な時間を振り返った。

 恩師の突然の訃報に、ペトロビッチ監督も心を痛めた。昨年12月にグラーツで会ったのが最後だったという。いつものように、サッカー談議に花を咲かせた。

 「彼のような偉大な監督が亡くなられて、悲しい気持ちでいっぱい。オシムさんとは28年の間柄。非常に濃い時間を過ごした。多くのことを彼から学んだ。私にとって師匠であり、先生だ。オシムさんの人生そのものがサッカーであり、サッカーとともに生きた人」

 グラーツでは監督とアシスタントコーチの間柄。頻繁に杯を交わしながら、サッカーの奥深さを学んだ。

 「お酒も好きな方だった。朝方までウイスキーを飲みながらサッカーを語ったものだ。多くのことを私は夜中に教わった。彼はあまり寝ない人で、深夜もずっとサッカーを見ていた。私より年上だが、あまり寝ないのに朝は非常にフレッシュ。すっきりした顔で練習場に来る。私は頭が痛く、二日酔い。すごく朝がキツかった思い出がある。なぜ寝ないのにあんなに元気なんだろうと、いつも思っていた」

 オシムさんは2003年、ジェフユナイテッド市原(現・千葉)の監督に就任。06年のペトロビッチ監督の来日にもポジティブな影響を与えた。

 「オシムさんという人はレアルマドリードからオファーが来ても、そこには行かないようなタイプの監督。自分のやりがいや、与えられる影響力を考えて、日本に来て仕事をしたんだと思う。よく日本のことを話してくれた。文化が素晴らしいこと、人々が勤勉で優しいこと。いろんな日本の素晴らしさを話していた。彼は日本を愛していた」<道新スポーツ5月3日掲載>

【関連記事】
⇒イビチャ・オシムさん死去 元サッカー日本代表監督、80歳
⇒オシムさん死去、国内外から哀悼 まな弟子の阿部勇樹さんは感謝の言葉
⇒道新スポーツのサイトがオープンしました

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る