PR
PR

花いかだ、五稜郭の堀染める 函館

 函館市五稜郭町の五稜郭公園で2日、散った桜の花びらが堀の水面に浮かぶ「花いかだ」が見られた。淡いピンク色のじゅうたんを敷いたような幻想的な光景が広がり、観光客や市民の目を楽しませている。

散った花びらが水面に浮かぶ「花いかだ」の中を進む手こぎボート。石垣の付近では桜の枝の影を映していた=2日
散った花びらが水面に浮かぶ「花いかだ」の中を進む手こぎボート。石垣の付近では桜の枝の影を映していた=2日


 同公園の桜は平年より7日早い4月21日に開花し、同25日に満開になった。散った花びらは風向きによってたまる場所が異なり、2日午後は箱館奉行所裏側の堀の水面をピンク色に彩っていた。

残り:145文字 全文:329文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る