PR
PR

春色染めるチューリップ 木古内・5日までサラキ岬広場で「フェア」

 【木古内】幕末の軍艦、咸臨(かんりん)丸が沖合で沈没した町亀川のサラキ岬広場で1日、「チューリップフェア」が開幕した。赤や白、紫など色とりどりの花が咲いている。5日まで。

サラキ岬広場で色とりどりのチューリップを観賞する来場者
サラキ岬広場で色とりどりのチューリップを観賞する来場者


 町民らでつくる「咸臨丸とサラキ岬に夢みる会」が毎年、咸臨丸が製造されたオランダにちなみ、同国の国花チューリップ約60種5万株を丹精している。

残り:245文字 全文:402文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る