PR
PR

観光船カズワン海底で発見 救助要請直後に沈没か 水深120メートル、内部確認へ

 【斜里】オホーツク管内斜里町の知床半島沖で乗客乗員26人の観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」(19トン)が遭難し、14人が死亡、12人が行方不明となった事故で、海上自衛隊の掃海艇が29日、消息を絶った現場付近の海底で、カズワンの船体を発見した。カズワンが救助要請した地点から北東約200メートルと近く、第1管区海上保安本部(小樽)などは、助けを求めてすぐにカズワンが沈没したとみている。事故は30日で発生から1週間。行方不明者が船内に取り残されている可能性があり、1管本部などは内部の確認を進める。

 1管本部は29日、これまでに死亡が確認された14人のうち、新たに道外の4人の身元を確認し、氏名を公表した。氏名の公表は計10人となった。また、斜里町は、身元確認中の4人のうち、28日に同半島東側で発見された男性1人が北見市居住者とみられることを明らかにした。

残り:559文字 全文:1061文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒新たに犠牲者4人の氏名公表 知床・観光船事故
⇒解約多発、道内同業者に危機感 知床の観光船事故 安全意識の徹底図る
⇒「印象悪化」いらだつ地元 知床遊覧船の社長発言に不快感
⇒国交相「条件付き運航あり得ない」 知床遊覧船の社長説明を批判

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る