PR
PR

<デジタル発>カラー化で蘇る焦土化前の硫黄島 元島民「記憶と一致。空や海の色も違和感はない」/専門家「原風景が一目瞭然で、極めて貴重」

 太平洋戦争の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)を見渡す昭和初期ごろの写真を、硫黄島開拓関係者のひ孫に当たる根室管内の男性(63)が保管していることが分かった。当時の島のほぼ全体を写した写真は同村教委にも残っておらず、専門家は「農業が盛んだった様子を伝える貴重な史料だ」と指摘する。北海道新聞は「どうしん電子版」で紹介するにあたって、ラディウス・ファイブ社(東京)の人工知能(AI)の技術を使用し、男性が保管する島内の各種風景のモノクロ写真をカラー化した。(酒井聡平)


<写真>摺鉢山(すりばちやま)から撮影された昭和初期ごろの硫黄島。山頂から島のほぼ全景を写した写真が多く残されていない理由の一つとして、元島民の山下賢二さん(92)は「摺鉢山は当時、山頂までの道がなく、場所によってははいずって登るような危ない山だった」ことなどを挙げた。以下、写真のコメントはいずれも元島民の山下賢二さん

写真にある白い◯を左右に動かすことで、元のモノクロ写真とカラー化した写真を比較することができます

 島を見渡す写真は、南部の摺鉢山から撮影した2枚組。戦火で焦土化する前の畑や建物が確認できる。海岸線は火山活動による隆起の影響を受けた現在と大きく異なる。旧海軍が1933年(昭和8年)に着工した飛行場が写っていないため、それ以前の風景とみられる。

 男性によると、曽祖父は大正~昭和初期に農地開拓に関わったが、撮影者は不明。この2枚組を含む硫黄島の各種写真は「昭和十七年七月整理」と手書きされたアルバムに収められていた。男性は「アルバムは祖父らが45年7月に東京から道内に移住した際に持ってきたと聞いている。空襲をくぐり抜けたおかげで残すことができた」と語る。

 小笠原村教委によると、戦前の写真を確認したところ、摺鉢山から見渡した写真はないという。防衛省防衛研究所によると、硫黄島は戦前、戦時中、撮影を禁止する要塞(ようさい)地帯法の対象ではなかった。


<写真>牛と一緒に写真に収まる子供たちは皆、はだしだ。「子供たちが靴を履くのは、学校で紀元節や明治節など四大節の記念行事があるときだけ。火山の島で、踏んだら砕けるような石が多かった。子供たちの足の裏は蹄(ひづめ)のように固く、けがをすることはありませんでした」

カラー化した写真(ログインするとすべて見ることができます)
■貨客船とみられる船舶■海岸での遠足■今も硫黄島に多く生えるタコの実を持つ人たち■「硫黄島役場」と「在郷軍人会硫黄島分会」■地上に現れたとみられるサンゴ礁■ぎっしりと生える多様な植物■サトウキビ畑

 ただ、旧日本軍の拠点化が進む中で、山頂から撮影しないよう当局から求められていた可能性もある。元島民の山下賢二さん=埼玉県=は「島の全景を写した人がスパイと疑われて捕まったことがあった」と話す。

 小笠原諸島史に詳しい明治学院大の石原俊教授(歴史社会学)は、硫黄島では《1》戦前の飛行場整備《2》日米両軍の激戦《3》米軍の拠点化―の3段階の軍事的影響を受け、その都度、風景が様変わりしてきたと指摘。「島の低所で撮影した写真は残されているが、この展望写真は開拓地が広がる島の原風景が一目瞭然で、極めて貴重だ」と話す。


<写真>本土から1200キロ南方の硫黄島には、さまざまな種類のヤシの木が生えていたという。「この写真の木は島中心部の小学校の近くにありました。島にはヤシヤマと呼ばれるヤシばかりの所もあった。よく登って実を取り、中のおいしい汁を飲んだりしたものです」


 AI技術によるモノクロ写真のカラー化は、実際の色とは異なる場合がある。ただ、14歳まで硫黄島で過ごし、摺鉢山に登ったこともある山下さんは、カラー化された山頂からの写真について「千鳥の集落(冒頭の2枚組写真の右側)付近は地質の影響で緑が少なかったという記憶と一致する。空や海の色も違和感はない」と話した。

残り:768文字 全文:2506文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
特集 令和の硫黄島~残された戦後~
<サタデーどうしん>硫黄島玉砕77年 帰郷待ち続ける戦没者
焦土化前の硫黄島を一望する写真 根室管内の男性が保管
<「玉砕」の大須賀少将>硫黄島から家族思う手紙
<函館大火と米軍>③幻の空襲 7月、作戦はできていた

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る