PR
PR

絶版等資料が自宅で閲覧可能に 国会図書館 5月19日から

 絶版になった本など入手困難な「絶版等資料」約153万点をパソコンやスマートフォンで閲覧できる「個人向けデジタル化資料送信サービス」を、国立国会図書館(東京)が5月19日から始める。これまでは同館や主要な公共図書館などに足を運ぶ必要があったが、地域や時間にかかわらず利用できるようになる。国会図書館は「多くの人たちに幅広く活用してもらいたい」と話している。

■コロナ禍影響

 同館が所蔵資料のデジタル化に本格着手したのは2000年。当初は著作権の確認・処理が済んだ古典籍や明治・大正期の図書などが対象で、順次インターネットで公開してきた。

残り:1984文字 全文:2344文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒<訪問>「ロング・アフタヌーン」を書いた 葉真中顕(はまなか・あき)さん
⇒<書評>教養としてのラーメン
⇒<新刊と文庫>「中野のお父さんの快刀乱麻」など
⇒読書ナビ一覧はこちら

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る