PR
PR

「終活」親と相談未経験67% コロナ禍で死を連想、話しづらく

 人生の終わりに備え、身の回りの整理などを行う「終活」を巡り、60歳以上の親を持つ男女の67・7%が親と話し合った経験がないことが今年2月の民間調査で分かった。新型コロナウイルス禍前の2019年調査より約10ポイント上昇。担当者は「コロナで親が死を連想してしまう可能性があり、話しづらい雰囲気が助長されたのでは」と指摘した。

 医療介護情報サービスの「エス・エム・エス」(東京都)が2月2~3日にインターネットで調査、60歳以上の親を持つ男女1003人から回答を得た。

 話した経験や話す意思がある人のうち22・7%は「新型コロナの影響で先々のことを考えた」とした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る