PR
PR

23年採用「増やす」38% 道内主要企業、事業拡大へ積極姿勢

 北海道新聞は22日、道内主要企業を対象にした2023年春の採用計画アンケートの結果をまとめた。回答した91社のうち4割近い35社が22年春より採用を増やす予定と回答。新型コロナウイルスの流行を受けて採用数を横ばいとする企業が相次いだ前年と異なり、業績改善や事業拡大をにらんで積極姿勢に転じる様子が浮き彫りとなった。

 調査は3月上旬から4月上旬にかけて実施。採用予定数が最も多いのは、アインホールディングス(HD)の750人で、ニトリHDが570人、JR北海道270人、アークス230人、北海道電力129人と続く。

残り:473文字 全文:828文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒コロナ禍から回復鮮明 道内採用計画 エネや流通、業績改善
⇒新卒採用「増やす」42% 全国117社調査、コロナで抑制から3年ぶり転換
⇒大学生内定、過去最高38% 23年卒、1日時点調査

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る