PR
PR

札幌市東区でヒグマ?目撃情報 3小中が臨時休校

[PR]

 札幌市東区と石狩市の市街地で21日、ヒグマのような動物を目撃したとの通報が相次いだ。いずれも足跡などの痕跡は見つかっていないが、東区では小中学校計3校が臨時休校し、7校が始業時間を2時間遅らせるなど対応に追われた。札幌市内では19、20の両日にも北区で目撃通報があり、市や道警はパトロールを強化し、周辺の住民に注意を呼びかけている。

 道警によると、21日午前4時20分ごろ、東区北13東12の路上で、新聞配達中の女性が「90センチほどのクマっぽいものを見た」と110番した。市営地下鉄東豊線沿線の住宅街で、午前10時ごろには保護者に付き添われて登校する児童の姿も見られた。さらに午後4時半ごろ、東区北31東14の大型商業施設付近で、6歳と8歳の姉妹が「クマのような動物を見た」と祖母に話し、祖母が110番した。

残り:375文字 全文:797文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
三角山の冬眠穴に子グマの姿なし 札幌の負傷事故現場
<デジタル発>東区ヒグマ襲撃(その2) 市民に警告が伝わらなかったワケ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る