PR
PR

<青山流の現在地 室蘭市長在任11年>(上)まちづくり 施設集約、更新に手腕

 「厳しい市財政の中、素晴らしい施設ができた。感無量です」。4月1日にオープンした市入江運動公園総合体育館のオープニングセレモニーで青山剛市長は笑顔で胸を張った。セレモニーには地元選出の衆院議員、立憲民主党の山岡達丸氏、自民党の堀井学氏ら政界関係者も顔をそろえた。

 新総合体育館は、総工費51億円、1年8カ月かけて完成した。老朽化した宮の森町の旧体育館の後継だ。周辺にはプールや陸上競技場などがあり、今後はさらにテニスコートなども集約。スポーツ施設が集中する地域に変貌しつつある。

残り:1235文字 全文:1502文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒(下)厳しい視線 「3大懸案」に道示せず

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る