PR
PR

<デジタル発>敵は身内にあり? 参院選北海道選挙区、与野党が抱える「お家事情」

 7月10日に投開票が想定される参院選で、北海道選挙区(改選数3)は3議席目を与野党どちらが取るのかが焦点です。ただ、鍵となる自民党と立憲民主党の2人目の候補予定者を巡って、それぞれ内輪の争いが続き、双方とも「2人当選」の展望を描ききれていません。選挙の敵は「身内」にあり? 与野党のお家事情を探りました。(参院選取材班)

参院選の開票作業=2016年7月
参院選の開票作業=2016年7月



 北海道選挙区は2016年に改選数が2から3に増えた後、自民党と旧民主党系が2人ずつを立て、16年は旧民進党が2議席、自民が1議席、19年は逆に自民が2議席、立憲民主党が1議席をそれぞれ獲得している。

■「動き鈍い」船橋氏に不安


■崩れた「民主党王国」


■群雄割拠の様相

残り:3158文字 全文:3468文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
<デジタル発>記事一覧

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る