PR
PR

サクラマスを陸上で養殖 根室振興局、事業化へ試験

 【根室】根室振興局は将来的な事業化の可能性を探るため、本年度から市に委託しサクラマスの陸上養殖試験を始めた。海洋環境に影響されない水産業のあり方を調査する。

 市水産研究所(温根元)で1日から飼育している。体長約25センチ、重さ約150グラムのサクラマスの稚魚約100匹を容量5トンの水槽で育てている。稚魚はファミリーパークさらべつ(十勝管内更別村)から運んだ。道水産振興課によると、道内では根室振興局のほか3カ所でサクラマスの養殖試験を実施している。

残り:256文字 全文:482文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る